FC2ブログ
Delete

目次

第1話:空色の少女 第2話:風の抜け道 第3話:旅の始まり 第4話:水曜日の雨


第5話:風の街ナントウク 第6話:緑の大樹 第7話:交わらない心 第8話:実りの村メンテ


第9話:霧の町ノーム 第10話:日曜日の空 第11話:港湾都市ダーハイ 第12話:海上王国マリンドール


第13話:青の大樹 第14話:蒼海の王子 第15話:こども達の反旗 第16話:精霊流し


第17話:またあう日まで 第18話:夢の追跡者 第19話:不自然の介入 第20話:拭えぬ不信感


第21話:不親切な来訪者 第22話:不始末の先に 第23話:不死鳥教団 第24話:ネッカ地下洞窟


第25話:それぞれの役割 第26話:学院都市アカデメイア 第27話:見えない心 第28話:覚悟の代償


第29話:25年前 第30話:赤い結婚式 第31話:学院へ… 第32話:いつかまた笑えるように


第33話:新たな出発 第34話:流れない涙 第35話:炎の国ヴァンジュ 第36話:赤の大樹


第37話:王と大樹と民と 第38話:ラスダム渓谷大橋 第39話:魔陣の街クリステレス 第40話:動き出す時


第41話:月曜日を照らす夜 第42話:戦う理由 第43話:Which side are you on? 第44話:彼女への手掛り


第45話:傷つき気付く…  第46話:交錯する思惑  第47話:英知の森  第48話:空の森


第49話:海の猛牛  第50話:海上の巨塔  第51話:世界を繋ぐ鍵  第52話:大海を統べし者

 

第53話:連合軍本拠地リストブースト  第54話:半月の夜に  第55話:風の牙  第56話:すれ違う思い


第57話:もう一人のボク 第58話:峠街ケラチャ  第59話:凍てつく史実  第60話:月夜の街ロロノス


第61話:黄の大樹 第62話:共同戦線  第63話:変わりゆくもの 第64話:はじまりの夕焼け


第65話:氷解く真実の記憶 第66話:憂いの船出 第67話:トリカゴの王子 第68話:虚ろう風曜日


第69話:蜃気楼 第70話:空色の約束 第71話:夕暮れの動乱 第72話:立ち消える火曜日


第73話:空の国天界 第74話:あの日あの樹の元で 第75話:混迷 第76話:Reason for existence


第77話:鬼神の夢 第78話:夢の中の現実 第79話:視えない未来 第80話:断ち切られた迷い


第81話:亜人の村メルサッチェ 第82話:償いのカタチ 第83話:武器商鴻旗組 第84話:花の街クアラ

  


イラスト   ぴくしぶ





2012/05/24.Thu

ぐぬぬ…

昨日くらいから急にネットが繋がらなくなり、あたふたしていました。

「堀宮」が読めないイライラに…じゃなくて、漫画の更新ができないというピンチ!!

そして今日、今月2度目のPCの神様(カスタマーセンター)にお電話しました。

私:すみません、ネットがくぁwせdrftgyふじこlp…

スタッフ:そんじゃ、ちゃんと繋がってるか確認してみましょう。言うとおりに操作してください。

私:わかりました。

~~~

スタッフ:受信もできてるし、ちゃんと繋がってますよー。

私:え、じゃ、なんでですか?

スタッフ:もしかしたらウイルスソフトが云々…ということで失礼します。

私:ちょ、ま…

(^ω^;)神は…死んだ・・・・・・

PCオンチの私を見捨てないで!!という私の祈りも虚しく、神様は自分のお仕事をきっかり終えられ去っていかれたのでした。

そして神様が最後に残してくれたヒントのウイルスソフト云々を頼りに、PCとにらめっこが一時間近く続きました。

よくわからないなりに、よくわからない操作を、よくわからずに行い、よく分からない格闘の末、なんか繋がっちゃったということで、今に至ります。説明は求められてもお答えできません(汗)

分かる範囲で言えば、やっぱり神様の思し召し通りウイルスソフトが悪戯していたみたいです。

もう少しPCに強くなりたいです。



以下拍手レスです。
まりもさま

こんな近くに同士がいたとは!!
堀と宮村の二人には早く引っ付いてほしいような、このままでいてほしいような、そんな気持ちでいつもモダモダしてます。
まりもさんはもう全部読まれたということで、私も少しずつ読み進めていければと思います。

Delete連載期間8年は言い過ぎました調子のりました(汗)
構成はできていても漫画として描いてみるとどのくらいの話数なのか自分でもよくわかっていなかったりします。それでもご期待(完結)に沿えるようがんばっていきたいです。
当初、クレアは絶対に嫌われキャラになるだろうな・・・と思っていたのですが、まりもさんのように好感を持って下さる方もおられると知り嬉しくもあり、同時に驚いてもいます。他者と自分ではやはり感じ方に違いがあるということを改めて認識させていただきました。
拍手ありがとうございます。
スポンサーサイト



日常 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示